2007年01月24日

今日の学び-43

許すと言うこと


ウエイン・W・ダイアーの著書のなかの言葉

 「人を許す」ということを知らない人は、けっして幸福な人生を送ることはできない。それなのに、「許すこと」を知らないで不幸な人生を送っている人がごまんといるのを、わたしは実際にこの目で見ている。
 私は長いこと、実にたくさんの人と仕事をしてきた。そこから私が学んだことは、人を許すことのできない人は、結局、自分自身を「人生の檻」に閉じこめてしまっているということなのである。人を許すには、まず許すことを学び、そして実践することが肝心だ。
 小さな枠組みの中で生きている限り、積極的な素晴らしい人生は送れない。「自分を変えていくこと」と、豊かな素晴らしい人生とは、切っても切れない密接な関係にある。だから、生き生きとした人生を送るためには、私たちは小さな枠組みに縛られないで、自然の大きな力にゆったりと身を任せる方法を学ぶ必要がある。
 だが、人を許すということが、どんなことかわかっていなければ、たとえほかのあらゆるものの本質がわかったとしても、私たちはいぜんとして「人生の檻」から自分自身を解放することはできない。
 人を心から許せるようになるためには、あなたがこの本で読んだことすべてを理解して、日々の生活に実際に生かしていかなければならない。生き生きとした素晴らしい人生をほんとうに送りたいのならば、人を許せるようにならなければならないのである。
 私は前書きで父の墓を訪ねたことを書いた。あのエピソードは許しの物語だ。実際あれがきっかけになって、私は豊かな愛に満ちた新しい生きかたを始めるようになった。
 私はあのときほど、すべてのものごとに縛られずに、愛にに満ちた行動をしたと思ったことはない。長い間ずっと抱いていた憎しみと憤りを捨てたとたん、まったく新しい生きかたと考えかたを受け入れる心のゆとりが私に生まれたのだ。人を非難したり憎んだりすることのないものの見方を身につけたとたん、わたしの人生は大きく変わったのである。
 もし、あなたが崇高な意識を抱いて人生の大道を歩みたいと思うなら、人を許そうとする気持ちがあるかどうか、じっくり自分自身を見極める必要がある。たいていの人は許すことがあまりうまくない。それは、私たちがどうしても人を非難したり憎んだりすることにとらわれがちだからである。人生でうまくいかないことがあると、ついつい人のせいにしたくなるものだ。
 わたしが「人を許す」という場合、「100パーセント許す」と言うことである。そうゆうふうに人を許すと、人生はまったく別のものになる。人を許して始めて、あなたは宇宙のしくみがほんとうに理解できるようになるのだ。
posted by curl at 10:10| 心の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。