2007年01月21日

今日の学びー40

自己改革のチェック


ウエイン・W・ダイアーの著書のなかの言葉

 自己改革の三段階を思い出して、今、あなたがどの段階にいるかをチェックしなさい。もし第一段階にいて、今苦しんでいることから、教訓を学びとるのに時間をかけないといけないのだったら、その問題から逃げたりしないで、あなたが直面しているものごとからプラスになるものを拾い集めるようにしなさい。
 つまり、怒りや欲求不満を爆発させないで、別の態度をとれという意味である。たとえば、「よろしい。どうしてこうなったのかはよくわからないが、この窮地を生み出したのは結局はわたしなのだ。さて、私はこの窮地から何を学びとれるか」というように。
 このような練習を積むと、悪い点ばかりに目を向けないで、自分の目標に立ち返ることができるのである。もしあなたが第二段階にいて、苦しみながらもそこから教訓を学ぼうとしているなら、ものごと全体のイメージを頭に描いて、結果を想像してみなさい。そうすれば、何もわざわざ苦しい思いをする必要はないのだ。
 あなたが第三段階に達していて、苦しい思いを体験しないで考えるだけで学びとれるなら、あなたの周囲の人がそうなるように一生懸命手助けしてやること。自分の幸せを人と分かちあうこと。そうしれば、自己改革をした人がどんなに素晴らしい人生を送れるか、人に見せることができるのである。
posted by curl at 11:46| 心の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。