2007年01月16日

今日の学び−35

「エネルギー」は外に出すほど、自分に蓄積されていくもの


ウエイン・W・ダイアーの著書のなかの言葉

 自分がわかちあっていたいと思うものを他人にプレゼントしなさい。相手の感謝をまったく期待しないでプレゼントしなさい。とにかく、どんなものでも何かをプレゼントしてみなさい。そうすれば、プレゼントを受けとった人は、あなたのプレゼントしたエネルギーで満たされると同時に、自分も何か他人に何か同じことがしたいと思うようになる。こうして目には見えないコミュニケーションが生まれ、その力はだんだん強力なものになっていくのである。
 他人を邪魔者だと考えないで「協力者」なのだと思いなさい。自分のためにとっておいた大切なものを人にあげなさい。権力にあまり執着せずに生きなさい。
 つまり、こういうことがこだわりのない生き方をするということなのだ。私たちの文化のなかで一番誤解されている生き方ではないだろうか。水をつかもうと手を握りしめれば握りしめるほど、水が逃げていくという経験をしたことがあるだろう。けれども、力を抜いて流れ落ちる水を手で自然に受けとめると、好きなだけ水を手にすることができる。執着を捨てなさい。超然とした態度をとっているかぎり、あなたは水を好きなだけ手に受けとめることができるのである。
posted by curl at 13:19| 心の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。